【まだ作ってる】インドアバイク防音ボックス(中編)+庭のトランポリンも解体廃棄

今日は予定外のノートレ。代わりにいろんな作業で体は動かしました👍

昨日に続き、お引越しに伴いインドアバイクの騒音対策として固定ローラーの周りを囲むための防音ボックスを工作中。今日は引越作業が思っていたより手こずってしまい。。。完成させるつもりが今日中に終わらず。。。後日に続きます💦

それと、今日の作業で最も時間を使ってしまったのが、トランポリンの解体作業。次の家には庭がないので、今使っているトランポリンは廃棄するんです。大きくて遊ぶの楽しいので誰か貰い手を探しましたが見つかりませんでした。。。😩

防音ボックスの途中経過

底面を補強

◯ 固定ローラーを置くので底面を補強
 ※材料は廃棄予定だったIKEAの薄プラのランチョンマット4枚
◯ 固定ローラーにバイクをはめて防音ボックスのスペース確認
◯ とりあえず一面だけ防音スポンジを貼ってみる
◯ ボックス側面などを補強 (こちらも廃材の発泡スチロール)

バイクを設置した状態の写真を撮り忘れました

ダラダラしてないで今週中には完成させよう👍
今日の作業風景はこちら↓↓↓↓↓↓↓

大きめのトランポリンにも悪戦苦闘

4年以上は使ったと思います。結構思い出の詰まったトランポリンではありますが、今日でお別れです。明後日、粗大ゴミ業者に引き取りを依頼済み。

そこそこの大きさがあったので、固定ネジの数も結構な量がありました😅そしに錆び付いていて固着している😱

今更ながら解体前に写真を撮れば良かったと後悔。。。一応、ちゃっかり動画は撮ってます。。。

という事で、作業風景はこちら↓↓↓↓

【余談】ドイツ(この街)の粗大ゴミの捨て方と非公認業者の存在
普段の生活ゴミやリサイクルゴミなども含め、全てのゴミ関連は市営(州営??)のゴミ回収サービスが滞りなく対応してくれます。粗大ゴミはネット予約で「大物5個まで」「家電系2個まで」などのルールに従って予約。大抵は1ヶ月以上先まで予約は取れません。予約が取れた日の早朝もしくは前日夜までに家の前に置いておくと回収してくれます。
ちなみに、その市営業者とは別の非公認業者(数社)が存在します。彼らは何故か粗大ゴミを出す家庭の情報を持っていて、家の前に置いたら30分以内に大きなバンに乗って登場して、目ぼしい(使える状態ならほぼ確実に)粗大ゴミは勝手に回収していきます。。。どのようにリサイクル・リユースしているかは不明です。

今日の練習

○ ノートレ。。。

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

コメント