悩んだ服装(コスパは大事)+実走の感想

昨日は久っさびさの外ライドで50kmほど走ってきました。改めてロードバイクの良さを認識することが出来てモチベーションが少し回復👍

今日は、昨日の実走で感じた事をメモ的に綴っておこうと思います。

私は、ビギナーを抜け出したくてとにかく自転車に跨っている時間を増やすべく工夫した結果、インドア練習に頼りっきりになっちゃって、実走からだいぶ離れていたので昨日の気づきは大切に残したいのです。

まずは余談から。。。久しぶり過ぎて服装が分からない😱

一昨日の夜に外ライドの準備をしてて洋服選びですごく悩みました。
選択肢が沢山あって悩んだわけではなく、なんせ18ヶ月ぶりの実走だったので気温を確認したところでパッと服装が思いつかない。。。

加えて焦ったのが冬用ジャケットがどこにも見当たらない!?引越作業で捨ててしまったか?と思ったくらい探しても見つからない😅※ちなみにジャケットは、会社に一時保管している段ボールにしまってあったので見つかるわけ無かったです💦

結局【上半身】は冬ランニング用の長袖+ウインドブレーカー+ユニクロのウルトラライトダウン(ノースリーブ)を重ね着ぎして、ネックウォーマー+手袋。

【下半身】はコスパ最強デカトロンの冬用サイクルパンツ+シューズカバー。

ちなみに昨日の外気温は5度でしたがこの格好でも意外と平気でした。ただ足先だけは最後の方は耐えがたい寒さで困りました🥶🥶来シーズンはデカトロンで別のシューズカバーも買おっと!

写真は全てデカトロンのオンラインから。他の人の意見も聞きたいですがめちゃコスパ高めだと思っているのは私だけでは無いはず!※回し者ではありません👍

18ヶ月ぶりの実走を振り返る

昨日も綴りましたが(こちら)、実走によってロードバイクの良さを再認識できたり、実走とインドアでは全く違うことも確認できたので、良いライドでしたが、もう少しだけ詳しく言うと。。。

いろんな「抵抗」を体感

【路面抵抗】つまり接地しているタイヤと路面による負荷・抵抗。
未舗装区間や表面が粗い舗装路も結構多いので、そのガタガタは実走で感覚を養わなくては。

【空気抵抗】全身+自転車がうける風による負荷・抵抗。
一説によると、サイクリストが受ける全ての抵抗のうち、ライダーの体が受ける抵抗は70〜80%という高さ。どれだけバイク自体やヘルメットで抵抗を減らしてもライディング姿勢がいかに大切かという。

【状況確認】路上では車も走っているし動物も飛び出してくる。
昨日はこちらで初めて野生のシカを見ました。ウサギやリスはめちゃくちゃ多いので慣れてますが、シカは驚きました。ただ日曜日の朝早めだったので車はほとんど走ってなかったし、2時間のライドで他のサイクリストすれ違ったのは10人以下だったので、その点は快適でした👍

自分のペダリングを客観視

実走とローラー台(3本ローラーにせよ固定にせよ)の違いは色々ありますが、結果として脚の疲労感に一番現れるのではないかと思いました。使ってる筋肉が微妙に違ったり、ペダリング自体も微妙に変わっちゃうんだと思います。

昨日は、直線区間で向かい風だったことや帰りルートは追い風になると思いきや若干の横風だったことで、脚に力みが出て、やたらと太腿の前側を使い過ぎました。

途中で気がつき、3本ローラー(無負荷)でクルクル回しているイメージで乗ってみたり、座る姿勢を変えてみたりしてどんな変化があるかを出来るだけ客観的に見るように心がけました。

これからはもっとペダリングの安定も意識して練習したいと思いましたし、ず~~~~っと実走もせずに引きこもりライドしてたので「練習の練習」になっていた事に気が付けたのが一番の収穫だったとおもいます。

ローラー台で培えた事(ちょっぴり成長)も気づけた

逆にこれまでのローラー台での練習によって培えたことがあったとも実感しました。

それは何と言ってもライド中のバランス感覚です。特に最近また始めた3本ローラーの効果は非常に高いと思っています👍

今後も固定と3本ローラーを併用することで、必要な能力をそれぞれ向上させていきたいと思います。

今日の練習

◯ ノートレ

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

コメント