【練習日誌】朝ランとインドア3本ローラー【節目】

今年に入ってこのブログを始めて、この記事が100話目らしいです。読んで頂いてる方に感謝です🙇‍♂️

節目なので、今日はそもそも私がブログを始めた理由に立ち返って、練習日誌を綴ることにします。

いくつかのきっかけが重なってブログを始めましたが、理由のひとつに「いつか自分の練習を振り返りたい時の備忘録として」というのがありまして。

振り返ってみると、むしろその役目を全然果たしてない!😵😅

とりあえず現状としては

昨年末に故障して以来「低負荷・低心拍」と言って逃げてきましたが、結局、右脚のハムストリング+股関節の違和感はまだ治ってません!

って自慢することじゃない😩
早く病院でも行ってちゃんと見てもらえよって自分でも思います😑

現状としては、はっきり言って大会出場を予定している人の数字ではありません。

8月末のミドルディスタンスで後悔しないために、これから14週間をどう過ごすのか真剣に考えねば。。。

大会まで14週間

ちょうど1ヶ月前に目標設定を記載していました(こちら)。

その内容の前半部分のみを微調整して、計画を立て直すと。。。

【〜6月末:ベースの再構築・養成】
〇 スピードは意識せずに、とにかく量を戻してベースを作る。
〇 強化期間で怪我せず継続してトレーニングできるカラダ作り。
〇 怪我している脚を回復させて、尚且つ「耐えられる」カラダにする。

【7月~8月中旬:強化期間】
〇 レーススピードと筋持久力を意識して取り組む。
〇 バイクとランは、各3セッション/週をベースに負荷調整でメリハリ。
〇 ブリックランなど、疲労感を持った中でペースを乱さない訓練の実施。
〇 とにかく怪我の予兆には過敏に反応して、予防に努める。
〇 ケアとノートレもトレーニングのうち!しっかりと。
※市営プールがいち早く再開される事を祈ってます!

【8月16日~:調整期間】
〇 レースまでの2週間は体調を整えながら最終調整。
〇 体調面に細心の注意を払って疲労を抜く。
〇 緊張感が高まっていく時期なので焦らずケアとイメージトレーニングで整える。

【8月29日:レース当日】
〇 全力で精いっぱい走り切るが、とにかく楽しむ事を忘れない。
〇 キツイ時こそポジティブに考えて、笑ってゴールラインを通る。

練習日誌 2021.05.23

◯ 朝ランニング 30分
◯ インドアバイク(3本ローラー) 70分

【朝ランニング】

予報で朝から雨模様だと知ってたので、30分パッと走って帰ってくるプラン。

今日は、時計は見ないでペースも心拍も確認しない様にしました。

走り出しが一番雨が強くて、髪の毛を伝って滴れるほど☔️

スタートで服が濡れてしまったので、走っていても体温が上がらず😱

体感的には気温より寒く感じた30分でした。

最近はランよりもバイク練に重点を置いていたので「走り方を忘れた」っていうとかなり大げさですが、体重移動の感覚が思い出せなくて、最後までバタバタと走ってしまいました。

これから少しずつランの頻度・距離を戻して行って、また走る事に慣れていきたいと思います。

呼吸や心拍の感覚としては、気持ち良く感じるペースで走ってたつもりでしたが、データを見てみると心拍は高めに出てますね💦

低心拍のままでスピードが上がる体になりたいんですが、これは時間をかけてトレーニングしていくしかないですね👍

ちなみに走っている途中で市営プール(まだ再開してません)を通過。掃除も終わっていつでも使えそうな雰囲気でした。あとは天候次第ですね。

【インドア3本ローラー】

午後の部はインドアバイクで軽く汗を流すプラン。

午前中のランのデータを見て、バイクは心拍数141以下で淡々と回す日、と決めて。

このデータを見ると、2箇所でデータを読み込んで無い時間帯がありますね。。。?なんだろう?

5分前後飛んでますね。。。まあ良いか。

ここ最近はポジションも安定しているつもりなので、ペダリングの回転運動に集中して淡々と回す練習が多いです。

今日もそのイメージで、両足どちらかに極端にトルクがかからない事を意識して回しました。ケイデンスが高すぎると誤魔化してしまうので、80〜90くらいにして「回転運動」に集中!

ちなみに最近はマスクをして乗ってます。心肺強化!

そうそう!ポジションの悩みで言うと「ハンドル幅を狭くしてみたい」と「ステムを短くしたい」という願望が最近膨らんできてます。。。

こんなん買っちゃったらまたポジションの迷宮なんだけどな〜試したいモノは試したい!

さてさて、明日は祝日!朝ランニングして、1日を有効活用したいな✨

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

コメント