アクティブレストとTTバイクのポジション見直し

今日は在宅勤務でした。

午前中のウェブ会議が終わったら、あとはのんびりとやるべき最低限のタスクを片付けて気分は週末突入😝

今日は午後から徐々に気温が上がってきて20度近くまで上昇!

良いぞ良いぞ!週末も晴れ間が続いてくれたら月曜日の朝プール(屋外)の水温も少しは上がるかな〜!

練習日誌 2021.05.28

◯ アクティブレスト:インドアバイク (100w以下) 30分

【アクティブレスト・インドアバイク】

今日のメニューは、アクティブレストのバイク軽回し30分のみ!

主目的は、当然!脚の疲労感を排除したいと思ったから。そしてこの30分軽回しの後は、そのままTTバイクのポジションの見直しに取り掛かる。

昨日の2部練(ペーランとバイクなんちゃってインターバル)で特別疲れている訳ではなかったんですが、”ほんのり疲労感”が脚全体に感じてたのも事実。

そして、私は知っている!

この心地良い筋肉疲労が気付けば痛みに変ってしまっている、という現象を!

これは完全に感覚的な事なんですが、これだけ長いこと不調に見舞われていると慎重になります😅

と言う事で、100w以下で軽〜〜く軽〜〜く、コケない程度に軽〜く。

軽いギアで・遅回しで、バランス感覚と回転運動を意識して!
こういう基礎を大切に積み重ねていきたいと思います。基礎を身体に叩き込む!それ大事!

【TTバイクのポジション見直し】

皆様もご存知の通り、トライアスロンのバイクパートは長いです。
大会によって違いはあれど、ミドルなら90キロ、ロングなら180キロ。

私の場合、ミドルで3時間前後乗ってる訳なのでTTバイクに求める事は、とにかく「快適に乗っていたい」といことです。これは皆さんも異論は無いと思います。

当然、競技なので「より速く」という事を追求していく訳ですが、ランに体力を残さなきゃいけないという計算が入ってくるトライアスロンは、”身体に無理のないバイクポジションで”という事が本当に大切!

と言うことを初めて参加したミドルで強烈に痛感したので、ここは妥協したく無い👍

前置きが長くなりましたが、とい事でTTバイクのポジションを日々微調整して乗ってますが、今日は思い切った変更を加えてみました。

◯ サドルの高さ:1cmほど上げる
◯ サドルの前後:2cmほど前に
◯ エアロバーの角度:下げる(前傾する)

昨日のなんちゃってインターバル中に、上肢点で膝がグラつくのが気になって気になって。

それと股関節が硬くて可動域も狭目なので、そこらへんの調整をして、窮屈さを改善したいと思った結果がこの変更でした。

こんなことでそう簡単にシックリ来るとは思ってませんが、微調整・微調整を繰り返してもキリがない。

まずは身体に無理のない”楽な位置”を探してみようと思います。まだまだ行きつかないんだろ〜な〜💦

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

コメント