ダシが入手困難!日本人にはキツイですね。

トライアスロンを始めて、ちょっとずつ食事にも気を遣うようになりましたが、海外で生活してても変えられないのは日本食への欲求です。

贅沢は言いません、ごはん・納豆・味噌汁・おかず。。。基本はこれで十分です。

そして海外にいながら、この基本形が簡単に入手できる街に住んでいること自体、かなり幸せなことだという自覚もあります。

しかし!!!今年4月から施行(正しくは改定?)されたEU規制が欧州に滞在する日本人にとって大きな影響を与えています!という事をここ最近強く感じています。

それは「混合食品規制」というもので、食べ物を日本から欧州に輸入するときの規制です。

超簡単に言うと「対象となる”動物性加工済原料及び植物性原料からなる加工食品=混合食品”に関して、今後は規制を厳しくするので日本から輸出する時はしっかりとルールに則って出荷してくださいね!」という感じ。

これの何が困るのか?

答えは。。。各種ダシの入手困難!

そりゃダシなかったら日本人困りますよ!

※この表現は厳密には正しくないですが、大雑把に言うと「混合食品=各種ダシ」と理解して頂ければちょっと分かりやすいかもしれません。

※また、これは一時的なことだと言われています。。。各社が規制へ対応してくれるから品薄も時間とともに解消される!らしいので。感謝ですね!

詳しくは関連リンクをご覧ください >>> 農林水産省「EUへの対応

で、実際食事への影響は?

納豆もタレなしになってしまいました。タレ付き最後の1パック。

専門的な話はさておき実生活への影響について。

皆さんも想像してみて下さい!

食卓に並んでいるあらゆるモノから「混合食品」を抜き取った食事。。。

出汁を取っていないみそ汁

中華スープやコンソメスープなども混合食品(ダシ)の1種だそうです。

「このドレッシング味気ないからマヨネーズかけるか」ってそのマヨネーズにも”ダシ”が入ってないので味が。。。

そうなんですよ~、考えてみると混合食品に頼りっぱなしなんです。

自分では「海外生活も長いし”なんちゃって日本食”を作る術くらい身に付けてますよ!」なんて思ってましたが、最低限必要となる「お出汁」自体が入手困難となると、話は全く変わってきます😢

恐らくお出汁不足は、時間(と関連企業の努力と苦労)が解決してくれますが、日頃の便利に感謝しないといけないですね。

練習日誌 2021.07.07

◯ 朝スイム (48分)
◯ インドア バイク軽回し 30分 x 2 (3本・固定ローラー)

【朝スイム】

結局今日もヒヨってしまった💦

今日こそは!50mプールの仲間入りを!と意気込んでプールへ。

気温が低め(13度)ということでいつもより少しだけ人も少ない。

よしよし、とりあえず25mプールで基礎ドリルやってから移動しよう!

誰もいないレーンがあるからそこに入るか〜と思った矢先に。。

3人グループ登場。。。あらら、しかもガチ勢だ😅

うん、今日もこのまま25mプールで淡々と基礎練習に集中しよう😑

ということで、今日も50mプールでガシャガシャ泳ぐのはお預けしました。ガシャガシャ泳げるほどの勢いと筋力はありませんがね😜

【インドア バイク軽回し】

終業後のインドアバイクは30分 x 2本。

3本ローラーと固定ローラーでそれぞれ。

理由は特にありませんが、そろそろTTバイクに跨る時間を増やしていこうと思いまして。

かといって、わざわざ固定ローラーから取り外すのは面倒なので、そのまま乗換えということで。

TTバイクのポジションも微調整が必要なので、乗り心地の確認という理由もあります。

なんか、軽回しの時とパワーを上げる時で感触が変わってくるので、レースでの出力目標値を割り出して、その数値の時の乗り心地を確認しながら、実走の割合も増やしていこうと思います。

本番ルートの試走も早めに1回行ってこないとな〜🚴‍♂️🚵‍♀️

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

コメント