コロナ禍で州令が改訂された+甥っ子のインハイが幻に。。。

ドイツのコロナ対策は、簡素に言うと連邦政府(国)が大枠を作って各州がそれに沿ってそれぞれの状況に応じた州令を運用する、感じです。

ある意味、それぞれの州政府が責任と自覚を持って「決断」しているので、是非はあるにせよ、他人任せにせずにしっかり向き合っていると思います。

そんな中、明日(8/20)からまた基本ルールが変更になるそうな。

超大雑把にいうと、、、

7日間指数(人口10万人あたりの直近7日間の新規感染者数)が35以上になる都市・地域での屋内活動(レストランやスポーツやイベントなどなど)や2500人以上が参加する屋外イベントは、ワクチン接種・感染からの快復・コロナ検査陰性(48時間以内)のどれかの証明が必要です。

って感じです。

この基準となる7日間指数は当然ながら毎日変わるので「昨日は不要でも今日は証明書が必要」ってことにもなります。

これによって、市営プールの予約方法も変更されました。

これまで通り、事前予約が必要ですが、これまでは72時間前から予約できたのが、対象時間の24時間前からしか予約できません。

確実に州令に対応するための措置なので不満はありませんが、うっかり予約忘れをしちゃいそうでちょっと不安です😅

とりあえず、明日はオープンするようなので、朝スイムに行ってきます👍

甥っ子のインターハイが幻に

先日ちょっと綴りましたが、今年のインターハイに甥っ子が出場する予定でした。

ただ、残念ながらチームメイトのコロナ感染により出場を辞退したそうです。

選手たちが一番悔しい思いをしていると思います。

私は状況が違いましたが、高校最後の大会で敗退した試合にイエローカード累積で出場できませんでした。

不完全燃焼で本当にモヤモヤしたのを今でも覚えています。

そんなこととは比べられないし、甥っ子は戦う舞台にさえ上がれなかった事を考えると、もっと遣る瀬ないと思います。

簡単なことではないけど、この経験を何かプラスの活力に出来る日がくる事を祈るばかりですね。

※本日はノートレでした。

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

コメント