IRONMAN Duisburg 【T2とラン】振り返り+レースビデオ

昨晩もよく寝れたので、全快とまではいきませんが風邪もだいぶスッキリ😄

これで仕事(展示会の立ちんぼ~)に集中できます!

4日間、色んな方達との出会いを楽しみながら最大限学びたいと思っています!

と、それはさておき、今日もレース後の体調とレースの振り返り【ラン】編を綴っていきたいと思います。

レース3日後の身体の状態

昨日の午後には落着いた風邪症状ですが、一晩しっかり寝て、ほぼほぼ!

身体各部の疲労感も、ほぼ無くなりました✨✨

右膝も痛みは消えたのでとても軽度だったようで本当に安心しています😁

今日は、9時~18時の展示会対応で、違う種類の疲労感を感じています。

レース振り返り【T2とラン】

さて、レース振り返りの最終回です。

ずぶ濡れになりながら90kmのバイクパートをなんとか乗り切り、トランジションに戻って参りました。

しかし!!!!!

バイクを降りた瞬間に両脚の内側広筋を攣りました😫

私はここでやっと、自分が錯覚して大きな過ちを犯していた事に気付きました🥴

寒さで脚の感覚が無かった為、踏み込んでも疲れを感じていなかったのは単に錯覚だったんです。。。

臀部やハムストリングを意識したペダリングなど全く出来ていなくて、前ももに頼りまくっていたらしい😓

なんとかバイクラックまで移動してランの準備開始。

ここで悩んだのが、全身ぐしょ濡れのままで走るか?一旦着替えてリセットするか?

結局、トイレに行くついでに着替える判断をしましたが、手先が凍えてうまく進まない🥶ちょっと時間が掛かりながら着替え完了。

ただ、この着替えの判断は正解だったと思っています👍

確かに雨は降り続いていたのでランでも濡れましたが、ランシャツはトライスーツと違って「常に身体に張り付いている」状態ではないので、必要以上に体温が奪われることがなかったです。

落ち着いているように見えますが、この時かなり焦っています。

ランはスタート時点で内側広筋を攣っていたので、まずはその状態でも走れる最速スピードを意識。

初めのうちは時計が気になっていましたが、脚に力が入らないのでペースも安定しないし、焦るばかりなので、2キロ目以降は時計は見ないようにして、1キロ毎のラップも無視して走ることに。

幸運にも太ももの痙攣が途中弱まったりしたので意外と5’00切りペースで淡々と、、、

ここでこのレース最大のミス(2個目)を犯してしまいました!

それが漢方(芍薬甘草湯)の摂取。。。※注!これは私の推測です

10キロ手前にあるエイドステーションの水分補給のときに、筋肉疲労の軽減目的で用意していた芍薬甘草湯も飲みました。

が、その直後から急激に胃が締め付けられるような痛み!

たまたまこのタイミングだっただけかもしれないので、あくまで私の推測ですが漢方の摂取が原因と思っています。

立ち止まっちゃおうかなって本気で悩むくらい胸焼け(?)でちょっと吐き気もするし、、、🤢🥴

ここから3.5キロは「止まろうかな、いやペース落とすか、このままだと100分切れないか、、、なら歩くか、いや500mだけ進もう、、、さっき抜いた人に抜き返された、、、止まろうかな、、、」なんて事をず~っと考えてました。

ただ、この状況で思いがけない事が13.5km付近で起きました!

「パパ〜!パパ〜!」

苦しくて下を向いて走っていた私の耳に家族の声援が!

1周目で見つけられなかったので、そんな場所にいるとも知らず、ビックリしたのと、何よりも本当に強烈なパワーをもらって急に前向きに走れるようになった瞬間でした。

私にとって今回のレースのハイライトは、この場面だったことは言うまでもありません!

たった3秒のこの瞬間がなければ、歩いたかもしれないし、DNFだったかもしれませんから!

その後も胸やけはすぐには治まりませんでしたが、15キロと17キロ地点のエイドで水を飲んだら徐々にスッキリしてきました。

と、その苦痛から解放されたと思ったら、次は右膝に明らかな痛みを感知。。。

う~ん、これはもうどうしようも無いから、、、耐える!!気づかないフリする!

別のこと考えて耐える!あと3キロだから無視!耐えろ!

20キロ付近にまだ家族がいると思ってキョロキョロしたが見つからず。。。

ラスト1キロはスパート!

ラン単体の目標タイムは無理でも頑張れば総合5時間20分を切れるかもしれないからダッシュ!

ゴール地点のサッカースタジアムが近づいて来た!ダッシュ!

スタジアムに入るとゴールへの直線はIRONMANのレッドカーペット!

次回は笑顔でゴール出来るようにします!

気づきは以下の通り:
– 下半身の筋トレは取り入れた方が良いかも
– ランニングフォームを見直してみようと思います
– 痙攣しても気持ちの持ち方次第では20キロなら走れる
– 家族のサポートはマジで偉大!!!

IRONMAN 70.3 Duisburg 2021 レースビデオ

長々とレース振り返りにお付き合い頂きありがとうございました。
コロナ禍で開催されたレースに出場する機会を得られたのは幸運でした。感謝しかないですね。
次のレースに向けて来週からまた練習を再開しようと思います。

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

コメント