じゃない方の ”ヒート”トレーニングを導入する事にした

先月参加した展示会では、トライアスリート・サイクリストなら当然興味を持つ製品が沢山並んでいました。

その中でも特に私の興味を惹きつけたものがあったので、自分のトレーニングに導入してみる事にしました。

それが、深部体温をリアルタイムで継続的にモニターできるセンサーです。

そして導入しようと考えているのが「ヒートトレーニング」👍

ちなみに、ここで出てきた”ヒート”は”HEAT”(暑さ、暑気、熱)の方です!

巷で流行りの”ヒート”とか”ヒット”と呼ばれるHIIT (High Intensity Interval Training)ではありません。※メニューの中にHIITも組み込みますが。。。

ヒートトレーニングは、消防士の方々は多く取り入れている様ですが、暑い現場でもより長くパフォーマンス(消火・救助活動)を維持するために、普段から暑い環境に体を慣らすトレーニングです。

暑熱順化トレーニングと呼ばれるヤツですね。

ただ!今回導入しようと考えているのは「身体を暑さに慣らす」の少し先を行っています。

継続的にトレーニングでの深部体温の変化・心拍や出力の推移を記録・分析してパフォーマンス向上に繋げる。。。らしいです💦

今後少しずつ、どんな事をやるトレーニングなのかを自分で試しながら紹介していきたいと思います。

根拠になっているリサーチなどもあるのでそちらも紹介しつつ!

ちなみに、効果は海外のトップアスリート達が既に導入して結果を残しているので折り紙付きです✨ あの金メダリストとかもね😁

あとは正しいやり方を理解して、そして何より継続すること!

私は来年6月のロングディスタンスで11時間を切ることを目標にしているので、出来ることは何でも試そうと思っています👍

次回(明日かどうかは分かりません😅)は、ヒートトレーニングを始めるにあたっての最初の一歩(自分の深部体温を把握する)を綴りたいと思います。

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

コメント