目標を見失わないように+【深部体温】寒くても体温は上がる

昨日も綴りましたが、、、引き続き爆増しております😑

一昨日の新規感染者数は4.5万を超えて、昨日は5万超え!

この勢いは流石にマズいのでは。。。😅

ドイツの新政権はコロナ対策よりも他の課題に目が向いちゃってるかな。

ちょっとタイミングを逸した感があるけど、早めに、ちょっと強引でも良いから、短期間でも規制強化をお願いしたい。

このままだと来年もズルズルと。。。

私の目標レースまではもう32週しか無い💦

って、たまに数字で見る事で目標を見失わない様に努めています👍

一歩ずつ、着実に!

外気温が寒くても体温は上がります【深部体温】

先日、HEAT Training (暑熱順化トレーニング)を導入するなんてことを綴りました。

こちら

その後、日本出張に行く前に10日間ほど、日本出張(3週間)を挟み、帰国後に1週間ほど継続しています。

既に発汗が早くなったり、発汗量もなんとなく増えている気がします💦💦💦💦

うんうん!良い兆候ですよコレ😎 どんどん増えろ!ヘモグロビン!!

って、そもそも何を指標に、どんなトレーニングしてるの?って感じですよね😅

詳細については今後徐々に紹介させてください。根拠となっている研究論文なども。

ポイントは深部体温をモニタリングすること。簡単ですね👍

外気温が低くても運動をすれば深部体温は上がります。

厚着すれば意図的に上げることが出来ます。

冬のインドアバイクトレーニングでも導入し易いですし、真冬の外トレでも導入できますね👍

ちなみに↓↓↓↓↓これは、昨日の朝ラン時のデータ。外気温は1度でした。

↓↓↓↓↓これは今日のインドアバイク(インターバル)時のデータ。室内で厚着して。

これはインターバル時の深部体温を測定しただけで暑熱順化トレーニングではありません

このトレーニングは発展途上な要素も強いですが、今後のトレンドになると思ってます!

自分を実験台にして今後もトレーニングを継続していこうと考えています。

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

コメント