煮汁の有効活用でカレー作り

昨日に続き、料理記事😅

昨日は無事に豚の角煮で”圧力鍋デビュー”を飾りました🎉

私、普段から週末の晩御飯担当を拝命しておりまして、週末は料理します😁

レパートリーが少ないので、子供たちに飽きられてるのはここだけの秘密😅

でも、昨日の豚の角煮はみんなに喜んでもらって良かった良かった!また作ろう👍

そして今日は、角煮を作る過程で出た煮汁の有効活用してカレーです🍛

カレーはそもそも私のレパートリーの一つですが、子供達は文句言わずに食べてくれる安定のメニュー✨

【材料】※超オーソドックスです
〇 豚の挽き肉(500g)
〇 ニンニク(小さめ4個)
〇 玉ねぎ(中8個)
〇 ニンジン(2本)
〇 じゃがいも(小5個)
〇 角煮の煮汁(600ml)
〇 お水(適量を加える)

わたしのカレー作りは基本、、、放置です。弱火にかけて放置。

最重要の玉ねぎは、昨日から調理は始めていて、、、

焦げ色玉ねぎ!の完成〜!

玉ねぎのこの焦げが味に深みを与えてくれます😎

他の材料も適当なサイズにカットして、煮汁の中で弱火放置。

煮る用鍋にも玉ねぎ!

普段はフライパンで炒めて軽く焦がす挽き肉も今日は圧力調理😅

まあ、ただ圧力鍋を使いたかっただけです✨

で、すべての材料が出揃ったところで、ひとつの鍋に合流〜。水も多めに追加。

ここからまた弱火で放置。1時間くらい。

焦げ色玉ねぎがスープに滲み出てルーを入れる前からカレー色のスープ!

で、カレーのルーを入れて、夕食まで極弱火で放置(焦げ付かないように注意!)して、完成予定〜!

味見の段階ですが、控えめに言って「絶品」✨✨ 自画自賛😑 

今日も子供たちは喜んで食べてくれるかなぁ~!

次回は、圧力鍋だけで作る時短カレーに挑戦しようと思いま〜す!

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

コメント