箱根駅伝ネット観戦は大苦戦+個人的感動シーン

昨年と同じように今年も箱根駅伝をネット中継で観戦しました。

日本との時差は8時間なので、レースはこちらの深夜帯です💤

昨日(1月2日)の往路は、0時(日本時間8時)のスタートから観戦開始!

ある程度予想していましたが、結構な頻度で映像が途切れる😑

そして時間が経つにつれて接続が更に悪くなり、30分に1回はこんな感じ↓↓↓↓

3区と4区は結構な頻度でフリーズしてたな。。。😅

そして5区の途中でちょっと寝ちゃって😪1位のゴールシーンは見逃しました😴

という経験を踏まえ、今朝の復路はオール観戦は辞めて3時半まで寝てから観戦開始。

テレビをつけたら9区の途中だったので1位はほぼ確定の状態でした😅

でも2位以下、特にシード権争いは激しくて面白かったですね!

残り1キロでシード権が!とかはもうワクワクしますね✨

毎年の事ですが、新年早々、良い刺激を頂けました✨👍

個人的に感想したシーン

映像が途切れ途切れの中でも、昨日の4区でちょっと素敵な瞬間が見れて感動しました。

それは、創価(島津選手)が順天堂(石井選手)を引き離しにかかった残り3〜4キロくらい(?)のシーン。

それまでずーっと競りながら走ってたからか、前に出た島津選手が石井選手に手で合図したように見えたんですよね!

「ついて来い!」「一緒に上がるぞっ」ってメッセージなんじゃないかと勝手に想像して、男気〜!!って感動しました✨

※注:真相は知りません!私の誇大妄想です!

チームを超えて、ランナー仲間としてキツイ時に鼓舞する仕草なのかなって勝手に綺麗なスポ根ストーリーを思い浮かべてしまいました😁

似た話で先日のMARCH対抗戦のときの明治の鈴木選手が28分台を目指す他大学の選手を引っ張ったストーリーとか。。。私そいういうの弱いんですよね😭
「仲間なんで、走ってる時は」鈴木選手の名言です👊 漢だなぁ〜!

箱根4区に話を戻すと、個人的には同じ高校出身なので順大・石井選手を応援してました。

石井選手、区間2位と大活躍して青学キャプテン(飯田選手・高校の先輩)にもタイムで勝ってましたね👍

なので独断と偏見で私的には順大2位のMVPは石井選手です🎉🥈 (順大も石井選手も縁もゆかりも何もないんですがね私😅)

力を出し切ったランナーも悔しい思いをしたランナーも、みんな格好良いですよね✨

いや〜ほんと、学生たち素晴らしいなぁ〜。刺激を貰ったので私も1日1日を大切にして成長しよう!

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

コメント