【達成する】今年の目標・取組み トライアスロン・ロング

昨年の今頃も同じ様に目標設定をしてトレーニングに励んでいたが、予定していた大会(マラソン、トライアスロンミドル、ロング)は全て、COVID19で今年に延期になったので改めて目標設定を見直す。
40歳手前のサラリーマンがロングディスタンスに挑むためのアプローチ。

Challenege Family Almere-Amsterdam 2019 "Sunrise"
Challenge Family Almere-Amsterdam 2019 “Sunrise”

今年の目標 ①トライアスロン・ロングディスタンス

※ミドル編、ラン編はまた後日の記事で

求める結果(メイン):アイアンマンになる
求める結果(サブ):12時間切り”SUB12”での完走

いつ:📆 2021年6月27日
どこ:🇩🇪 ドイツ・フランクフルト
なに:️️トライアスロン・ロングディスタンス
内容:⏰ 12:00:00
   🏊‍♂️ SWIM 3.8km / 1:30:00
   ( Transition 1 / 9:00 )  
   🚴‍♂️ BIKE 180km / 6:00:00
   ( Transition 2 / 6:00 )
   🏃‍♂️ RUN 42.2km / 4:15:00

6ヶ月の取組み計画 オーソドックスに攻める

【1月〜3月:基礎体力養成期間】
 スピードは上げずに長くたくさん練習する期間。
 強化期間で怪我せず継続してトレーニングできるカラダ作り。
 質にもこだわるがある程度は量を多めにして「耐えられる」カラダ。

【4月~5月:強化期間】
 トレーニング中の意識は主にレーススピードと筋持久力。
 苦手なスイムは、100×20本の細切れ(サイクル)など負荷を高めて。
 バイクとランは、各3セッション/週をベースに負荷調整でメリハリ。
 ブリックランなど、疲労感を持った中でペースを乱さない訓練の実施。
 一番大切なのは、怪我をしないことなので、疲労と強度に細心の注意。

【6月:調整期間】
 レースまでの3〜4週間は体調を整えながら最終調整。
 実際、今回初めてのロングディスタンスなので気持ちの昂りを抑制する。
 体調面に細心の注意を払って強化期間よりも質は落とさず量を減らす。
 ケアとイメージトレーニングにはより時間をかけてメンタルも上げていく。

【6月27日:レース当日】IRONMAN FRANKFURT
 やってきたことを信じて「不動心」「平常心」「好奇心」で楽しむ。

今日の練習

リハビリ:インドアバイク60分@HR 140bpm 以下
コアトレ:20分

(今日のギア)
# Bike: Canyon Speedmax CF 8.0 SL
# Power-meter: Favero Assioma Duo
# Smart-roller: Tacx Vortex Smart

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

コメント