【遠征】欧州トライアスロン大会 おすすめ

国内移動だってままならないこんな時に何言ってんの?、、、分かってます!
ただ、楽しい事を思い浮かべてモチベーション高まればトレーニングにもハリが出ますよね!

今回は私の独断でオススメする欧州のトライアスロン大会をピックアップ。
1つを除いてほとんどミドルディスタンスを選んだのは偶然です。

正直、全部出場したいくらい、各々の大会が魅力的なのは間違いありません!
例えばDATEV Challenge Rothのあの群集は経験してみたい >>> こんな感じ

選定基準

〇日本からのアクセスの良さ (例えば、飛行機の直行便ありなしなど)
〇気候の良さ (気温・水温・水質など / 私が単純に暑いのがNGなだけですが)
〇目的は”楽しむ” (景色の綺麗さ・雰囲気が良さげ、など)
※例えばIM Konaの出場権を取るのが目的、という場合は基準は変わってくると思いますので。

独断でお勧めする3選

① Mainova IRONMAN European Championship Frankfurt (ドイツ)

【理由】まずはドイツの主要ハブ空港が使えるメリットは大きいです。フライトの選択肢が格段に広がります。そして大会自体は欧州選手権なので有名プロ選手と同じコースにチャレンジできます。雰囲気の良さは間違いない!ロングディスタンスの海外挑戦にはうってつけかと思います。2019年大会は、確か歴史的猛暑日でとんでもない気候でしたが、普段はもう少し快適!
※今年、もし開催される事になれば、私のロング初挑戦(こちら)がこの大会になります!

◯ 最寄空港:フランクフルト
◯ 開催(予定):2021年6月27日
◯ 平均気温25度 / 平均水温23度
>>> レースHPはこちら

Mainova IRONMAN European Championship Frankfurt (2019)

② Challenge Peguera Mallorca (スペイン)

【理由】言わずと知れたスペイン有数の観光の島!とにかく旅行気分で出場するには最適かと思います。観光地なので満喫するためのすべてが揃っていますし、10月開催なのはきっと観光ピーク(欧州諸国の夏休み時期)からずらしたのと、気候が安定するタイミングを狙ったのかな。真夏は暑すぎて厳しいですからね。日本からのアクセスも直行便は無いにせよ、欧州主要ハブ空港からはほとんど行けるので安心です。

◯ 最寄空港:パルマ・デ・マリョルカ空港
◯ 開催(予定):2021年10月16日
◯ 平均気温25度 / 平均水温22度
>>> レースHPはこちら

Challenge Peguera-Mallorca TRIATHLON 2016

③ IRONMAN 70.3 Duisburg (ドイツ)

【理由】やはりアクセスの良さは海外遠征では重要だと思います。東京からなら直行便もあるし、経由便でも来やすですね。現地移動もデュッセルドルフ空港から30分ほどの距離。周辺に観光資源は少ないですが、アウトバーンぶっ飛ばせば、、、問題なし!
※ちなみにエントリー済みなので今年開催されえれば出場します!

◯ 最寄空港:デュッセルドルフ
◯ 開催(予定):2021年8月29日
◯ 平均気温25度 / 平均水温21度
>>> レースHPはこちら

STEEL meets IRON | IRONMAN 70.3 Duisburg

【番外】個人的な3選

Triathlon Alpe d’Huez / ラルプデュエズ トライアスロン (フランス)

【理由】ツールドフランスでも名物山岳コースにチャレンジ!したい、という方向け。IM70.3より少しだけ距離が長く2.2km SWIM + 118km BIKE (獲得標高3200m) + 20km RUN (獲得標高340m)。私は今年もエントリー漏れしたので出場できませんが、いつかチャンスがあれば出たいですね。

◯ 最寄空港:リヨン or グルノーブル or トリノ
◯ 開催(予定):2021年7月29日
◯ 平均気温・平均水温:不明ですが恐らく20度以下 (直射日光なら体感は上がりそう)
>>> 大会HPはこちら

Alpe d’Huez Triathlon 2021

IRONMAN 70.3 Weymouth (英国)

【理由】学生時代を過ごした街の近所なので、本当に個人的な思い入れ。アクセスも良くないし、レースコンディションも厳しめ💦

〇 最寄空港:サウサンプトン (日本からはロンドン)
〇 開催(予定):2021年9月19日
〇 平均気温15度 / 平均水温17度
>>> レースHPはこちら

IRONMAN 70.3 Weymouth 2019 Race Movie

GARMIN Challenge Herning (デンマーク)

【理由】こちらも個人的な思い入れ😅かつて仕事で足繁く通ったデンマーク。自然も豊かで人もフレンドリーで、楽しいレース体験になるはず!なのでこの大会にも出てみたい。

〇 最寄空港:ビルン ※本場レゴランドのそば!
〇 開催(予定):2021年6月12日
〇 平均気温18度 / 平均水温18度(?)
>>> レースHPはこちら

Garmin Challeneg Herning (2018)

そうは言っても、、、デメリット

①危機管理しましょう

日本の常識は他では非常識です。危機管理はしっかりと!スリや置き引き・万引き程度なら仕方ないので、備えましょう(笑)また観光客(地元民ではない人)の見分け方を彼らは知っていますので、常に狙われている意識で行動しましょう!

②遠い

冷静に考えれば、移動だけで往復2.5日は必要となると、遠いのは確かです!
ただ、これはもうどうしようもないので、移動なども楽しみましょう!

③時差ボケ

私も本当に時差ボケは苦手です。大会に向かうときはワクワクで結構気にならなかったりしますが😂
でも西から東(欧州から日本への帰国方向)の時差はキツイ!帰国後はつらいのも含めて欧州遠征!

個人的なおすすめフライト時間帯(直行便の選択肢が沢山ある条件)
【日本→欧州】深夜出発→機内で熟睡→気が付いたら欧州早朝着
【欧州→日本】昼間出発→→日本の朝着→頑張って1日乗り切って早めに就寝

④コスト

恐らく、参加ツアーもあると思いますが、至れり尽くせるの代わりに割高になってしまいますね。ただツアーなら新しい仲間と出会えたりメリットもあると思います。
少しハードルは上がりますが、完全個人手配もアリだと思います。
私が所属しているチームの代表は、海外遠征を全て個人手配している強者!参考になることをブログに綴ってくれていますので、こういうのでヒントを貰いながら挑戦するのも面白いですね!

今日の練習

リハビリ:インドアバイク66分@ HR 119bpm 平均

(今日のギア)
Bike: Canyon Speedmax CF 8.0 SL
Power-meter: Favero Assioma Duo
Smart-roller: Tacx Vortex Smart

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

コメント