【クランク長】165mmと160mmの話

“世界の” Shimano105

今日はまず結論を先に書きます。

は、これからも自分に最適なクランク長を探す旅を続けます!

今日はそうです!クランク長について考える回です!
でも特に結論が出る話ではございませんので予めご了承下さい。。。

昨日、久しぶりに3本ローラーに乗った話(こちら)を綴りましたが、同時にバイクも久しぶりに替えてみました。昨年9月末以来なので4か月以上ぶりにロードバイク 。

すっかり忘れてましたが、そのロードに付けてたのが160mmクランクだったんですね。正直、乗り始めて10分くらいは気づかずに漕いでたんですが、パワーメーターの設定を確認してて思い出したという。。。バイクごと替えたのでそもそも違和感だらけだった、というのは言い訳です

みんな初めは172.5mmでしょ?

私は、あまり深く調べずに初めてのロードバイクを決めたので、購入した時にクランク長なんて気にしてませんでした。せいぜいコンポのグレードを105かアルテグラのどちらにするかで悩んだ程度。

一応、お店の人にバイクのサイズについては聞いたけど「ビギナーならとりあえず入門バイクで始めたら?」「測定してあげるから」ってアドバイスして貰ってそれに従いました。

その結果、購入したバイクにはもともと172.5mmがついてました。車体は「S」です。
※その数年後に購入したCanyonのTTも172.5mm

そんなこんな、初めて買ったロードバイクにその長さのモノが付いてたので”これがスタンダードなんでしょ?”って私は思ってました。

クランク長の決め方

  • 身長 x 0.95 (Graeme Obree method)
  • 1.25 x 股下 + 65 (“Machine” method)
  • 2.16 x 股下 (Lennard Zinn method, upper end)
  • 2.10 x 股下 (Lennard Zinn method, lower end)
  • 1.85 x 大腿部の長さ (Bill Boston method)

【参照】>>> このブログ(Ride Far Blog)

と、まあ、こんな感じでいくつか計算方法があるらしいですが。。。
う~~~ん、ちょっとピンとこないな。数字に弱い私だからかな?😅
とりあえず一番単純な”身長基準”の計算式でいくと、、、171.5 x 0.95 = 162.925

上記のRide Far Blogさんの記事内にも別の表が載ってましたが、身長を基準にしたお勧めクランク長の表がこれ↓↓↓です。

身長を基準にしたお勧めクランク長の表

うんうん、そうだよね、身長171.5cmだとクランク長はチョイスは165mmですね。
172.5mmクランクは自分には長すぎるんだ!なんて事を2019年3月頃の私は考えてた気がします。
そしてなぜかほぼ同じ時期に160mmと165mmを購入した記憶があります。

160mm 見辛くてすみません💦
165mm

最適化?私が経験したデメリット

最適化ってそんなに簡単な話では無いと感じてます。
これはコンポを変更するときの「あるある」かもしれませんが、私の実体験として挙げられるデメリットの一つは、バイクフィッティングの泥沼へ吸い込まれそうになる!ことでは無いでしょうか?

特に、私の様なボッチ(練習もメンテナンスも)や、状況によってお店に行けない方は、無暗にコンポやセッティングをいじっても正解に近づいているか分からないので泥沼にハマりがちですよね。

私も昨年の時点で160mmクランクの採用を諦めた理由はソレでした。実際、ハムストリングス・膝・股関節などに違和感を感じたので、使い続けるのが怖くなって無難に165mmを選びました。

私としては、大前提に「正しいペダリングの習得」「身体のフィットネス向上」なども含めた基礎固めした上で、コンポ最適化を実施しようと思います!※今回は時間を掛けて試行錯誤してみます!

トライアスリートは短めが良いの?

90km~180kmの距離のライドでDHポジション・エアロポジションを基本とするトライアスロンの場合は、いかに体力の浪費を減らすかが重要なので、短いクランクのメリットは影響が大きいですよね

  • ペダリングのし易さが向上 (太もも・お腹と胸のスペース)
  • 前傾姿勢が取りやすくなる (同上)
  • 足の移動距離が減らせる(内輪vs外輪)
  • 脚(膝など)の上下動が減らせる (疲れづらくなる?)
  • 回しやすくなる (上死点で抜けやすい)
  • ケイデンス早くなる (私の様に股関節の可動域が狭い人に朗報!)

今日のまとめ

短めのクランクによるメリットはトライアスリートにとっては影響が大きいので、私も160mmクランクで違和感なく乗りこなせるようにしたいなと思います。私に最適なクランク長を探す旅をこれからも続きます。

今日の練習

◯ コアトレ:20分
◯ インドアバイク (3本+固定) 60分 @ HR bpm ave.

(今日のギア)
Bike: RIDLEY Fenix A (2018)
Power-meter: Favero Assioma Duo
3本ローラー: Tacx Galaxia
Smart-roller: Tacx Vortex Smart

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

コメント